お知らせ‎ > ‎

自然保護助成基金沖縄発表会

2015/08/24 20:04 に 板垣佳那子 が投稿   [ 2016/01/20 17:16 に更新しました ]
当財団が助成した南西諸島のプロジェクトの発表会と,南西諸島の自然保護問題に詳しい専門家による基調講演会を,沖縄で開催します。
プロジェクト関係者の方以外でも,どなたでも参加することができます.
申し込み不要,参加費無料です.皆様お誘いあわせの上,ぜひご参加ください.

日時: 2016年 2月 6日(土) 
場所: 沖縄県立博物館 講堂(メイン会場), 県民ギャラリースタジオ(ポスター会場)
開場: 9:30
開会: 10:00

プログラム

09:30 開場

10:00 開会挨拶 有賀祐勝(自然保護助成基金 理事長)

10:05 来賓挨拶 古謝 隆(沖縄県環境部 環境企画統括監) 

10:10 助成プログラムの説明 高島輝久(自然保護助成基金 専務理事)中安直子(日本ナショナル・トラスト協会)

10:25 2225期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成成果ショートサマリー (発表時間3分)

10:25 1井口 亮(琉大・沖縄工高専合同サンゴ礁調査研究G):沿岸開発が進行中の琉球列島におけるサンゴ礁防波堤形成生物とその機能の衰退リスク評価

10:29 2藤田喜久(海の自然史研究所):南西諸島におけるヤシガニ資源の保護と保全に関する基礎研究

10:33 3立田晴記(八重山ニイニイゼミ研究G):音声情報を活用した絶滅危惧種イシガキニイニイとその近縁種ヤエヤマニイニイの種判別

10:37 4安部真理子(日本自然保護協会):辺野古・大浦湾海域の生物多様性の保全を目指す,生物多様性の解明と埋め立ての影響を測るための調査

10:41 5仲地 学(どうぶつたちの病院沖縄):南大東島におけるネコの適正飼育による野生動物の保護活動

10:45 6高相徳志郎(西表在来植物の植栽で地域振興を進める会):在来種植栽による外来種駆除.ギンネム駆除-二つの方法

10:49 7伊澤雅子(大東諸島生物相研究G):大東諸島の固有生物相を支えるダイトウビロウの保護に関する緊急調査

10:53 8尾方隆幸(琉球列島ジオサイト研究会):ジオコンサベーションのための視聴覚教材の作成

11:00 ポスター発表 (コアタイム: 奇数番号11:0011:20,偶数番号11:2011:40

11:50 休憩

12:40 基調講演 吉田正人(筑波大 / 自然保護助成基金 評議員):南西諸島の自然の価値と世界遺産登録の可能性

渡久地 健(琉球大):奄美・沖縄の人とサンゴ礁―漁場の知識と漁の技

14:10 南西諸島特別助成成果発表 (発表時間20分)

14:10 9 城ヶ原貴通(琉球諸島小型哺乳類研究G):南西諸島の固有小型絶滅危惧哺乳類(トゲネズミ・ケナガネズミ)の保全調査

14:30 10久保田康裕(琉球諸島生物多様性研究G):琉球諸島の生物多様性の固有性の解明とその保全に関する統合的研究

14:50 11山城秀之(大浦湾のアオサンゴ研究T):名護市大浦湾のアオサンゴ群落の保全に向けた生殖等の基礎調査

15:10 12中島祐一OISTサンゴ礁保全遺伝学研究G):南西諸島に生息する造礁サンゴの多重スケールにおける保全遺伝学的研究

15:30 講評 大澤雅彦(プロ・ナトゥーラ・ファンド助成審査委員会 委員長 / 自然保護助成基金 理事)

15:35 休憩

15:50 パネルディスカッション 南西諸島の自然環境保全のこれから

大澤雅彦久保田康裕城ヶ原貫通渡久地 健中島祐一山城秀之吉田正人目代邦康(進行)

16:40 閉会挨拶 高島輝久(自然保護助成基金 専務理事)

 

17:301900          懇親会 (ザ・ナハテラス)


沖縄県立博物館・美術館



Comments