お知らせ‎ > ‎

第26期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成採択案件決定

2015/09/28 0:49 に 板垣佳那子 が投稿   [ 2015/10/06 3:59 に ユーザー不明 さんが更新しました ]
2015年9月28日の臨時理事会において,以下について,第26期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の採択案件と決定致しました.
今回の応募件数は82件,採択件数は30件となりました.たくさんのご応募、ありがとうございました.

【国内研究助成】
テーマ グループ名 代表者名 助成金額(千円)
1 有明海再生までの底生動物の生産過程を生活環境と対比して明らかにする採泥調査の継続 有明海保全生態学研究グループ 東幹夫(長崎大 名誉教授) 1,500
2 小笠原諸島におけるツヤオオズアリを含む外来アリ類の分布拡大の実態解明、および在来生態系への影響評価 首都大ツヤオオズアリ調査グループ 小林寛昂(首都大学東京・都市教養 B4) 1,000
3 浅間山高山帯におけるニホンカモシカの基礎生態学的研究-ニホンジカの高山帯進出に着目して- 浅間山カモシカ研究会 髙田隼人(麻布大・獣医 D1) 1,010
4 進化的に重要な単位(ESU)である伊平屋・伊是名島のリュウキュウコノハズク個体群の現状把握と基礎生態の解明 島嶼鳥学研究会 髙木昌興(大阪市立大・理 准教授) 1,000
5 ツシマヤマネコの生息適地、分布拡大地域、低密度地域における、競合種ツシマテンとの食性比較 琉球大学ヤマネコ生態研究グループ 大河原陽子(琉球大・ 理工 D3) 640
6 対馬におけるシカ排除による植生回復に関する調査研究 対馬植物研究会 東浩司(京大・理 助教) 950
7 南西諸島におけるコウモリ類島嶼個体群の絶滅要因ならびに現在個体群の保全に関する研究 大東島コウモリ研究グループ 福井 大(東大・農 助教) 1,000
8 クビワオオコウモリの移動生態の解明と保護方針の提言 島オオコウモリ調査グループ
Vincenot Christian(京大・情報 助教) 940
9 侵略的外来種の除去が絶滅危惧水生昆虫類の個体群動態に及ぼす影響 水田の保全生態学グループ 大庭伸也(長崎大・教育 准教授) 950
10 小笠原諸島における国内外来種ツヤオオズアリの侵入状況と在来生物群集に及ぼす影響 ツヤオオズアリ影響評価グループ 大西一志(国立環境研 高度技能専門員) 1,000
11 世界自然遺産屋久島と候補地奄美群島の森林生態系に関する基礎的研究 鹿児島大学薩南諸島森林生態研究グループ 相場慎一郎(鹿児島大・理工 准教授) 940
12 ニホンジカの過増加により劣化した森林生態系の保全・再生に向けた基礎的研究 森林生物保全研究会 小池伸介(東京農工大・農 講師) 1,000
                                                                                                   国内研究助成12件

【国内活動助成】
テーマ グループ名 代表者名 助成金額(千円)
1 南三陸町火防線復活プロジェクト―伝統的な草地環境をよみがえらせ、維持する仕組みをつくるー 認定特定非営利活動法人 大阪自然史センター 西澤真樹子 1,000
2 辺野古・大浦湾海域の生物多様性の解明・埋め立ての環境への影響を測るための調査の実施 公益財団法人 日本自然保護協会 志村智子 1,000
3 オオミズナギドリ世界最大繁殖地・御蔵島をノネコのいない島に戻す活動 公益財団法人 山階鳥類研究所 岡 奈理子 997
4 伊豆諸島における植生とその保全に関する普及活動のためのパンフレットの刊行 伊豆諸島植生研究グループ 上條隆志(筑波大・生命環境 准教授) 300
5 宮崎県枇榔島におけるカンムリウミスズメの最大の捕食者、カラス類、に関する基礎調査 海鳥保全グループ 大槻都子 779
6 上関海域における希少鳥類(カンムリウミスズメ,カラスバト,オオミズナギドリ,アマツバメ)保護のための生態調査と普及活動 上関の自然を守る会 高島美登里 999
7 風力発電が鳥類に与える影響および累積的影響の評価に関する考え方の普及 公益財団法人 日本野鳥の会 浦 達也 1,000
8 希少種イチモンジタナゴの飼育下繁殖と野生再導入を通した地域住民への環境教育 京都市動物園 田中正之 990
9 多摩川河口干潟保全のシンポジウム開催 日本野鳥の会神奈川支部 鈴木茂也 424
10 マッカウス洞窟のヒカリゴケの保全 羅臼のひかりごけ保存会 涌坂周一 716
                                                                                                    国内活動助成10件

【海外助成】
テーマ 申請者名 推薦者 助成金額(千円)
1 コンゴ共和国北部において密猟者から押収されたヨウムの野生復帰と保全のための取組 西原智昭(野生生物保全機関 技術顧問,コンゴ共和国) 永石文明(東京農工大 非常勤講師) 1,212
2 西スマトラの野生動物保護区におけるマレーバク(Tapirus indicus)のモニタリングと保全野生動物と人間の共存を目指して Wilson Novarino (Andalas Univ. Lecturer,インドネシア) 藤田素子(京大東南アジア研 研究員) 1,200
3 中国東部における西側ルートを渡るマナヅル(Grus vipio)とナベヅル(Grus monacha)のモニタリング Liying Su (Intl. White-naped and Hooded Crane Network,中国) 百瀬邦和(国際ナベヅルマナヅルネットワーク) 1,200
4 タイの森林群におけるツキノワグマ(Ursus thebetanus)のミトコンドリアDNAによるクラスターおよびマイクロサテライト領域解析による遺伝的変異ならびに流通するクマおよびクマパーツ由来の特定 Dusit Ngoprasert( King Mongkut's Univ. of Technology Thonburi,タイ) 坪田敏男(北大・獣医 教授) 960
5 ブータンヒマラヤ南部Dechiling地方の低地石灰岩地域に残存する唯一のIndian Willow(Salix tetrasperma)湿地林の保全 Pema WANGDA (Department of Forests and Park Survice,ブータン) 北澤哲弥(江戸川大 非常勤講師) 1,144
6 台湾の水田におけるジャンボタニシ(Pomacea canaliculata)の卵の駆除のための灌漑戦略 Yu-Chuan Chang(醒吾科技大 教授,台湾) 吉野邦彦(筑波大・システム情報 教授) 984

                                                                                                   海外助成6件

【出版助成】
テーマ 申請者名 助成金額(千円)
1 百年の記憶 ウィルソンが撮った鹿児島 古居智子(NPO法人屋久島エコ・フェスタ) 1,000
2 ケショウヤナギはなぜ残ったか:上高地の自然史 若松伸彦(横浜国立大学環境情報研究院) 800

                                                                                                    出版助成2件

Comments