お知らせ‎ > ‎

第25期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成採択テーマ決定

2014/09/29 19:49 に ユーザー不明 が投稿   [ 2014/10/07 2:01 に更新しました ]
2014年9月29日の臨時理事会において,以下について,第25期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の採択案件と決定致しました.
国内研究助成1~4,国内活動助成1~4と10,海外助成1(下表で太字の案件)は,申請額での助成になります.それ以外の案件(下表で斜体の案件)は,減額しての助成となります.
今回の応募件数は70件,採択件数は32件となりました.

【国内研究助成】
テーマ グループ名 代表者名
1 対馬に侵入した外来種ツマアカスズメバチによる在来生態系に与える影響評価 ツマアカスズメバチ対策研究会 高橋純一(京都産業大)
2 有明海再生までの過程を明らかにする採泥・採水調査の継続 有明海保全生態学研究グループ 東 幹夫(長崎大)
3 北アルプス太郎兵衛平周辺における融雪・植生状況の変動とライチョウの利用環境の関係 北アルプス高山環境保全研究会 上野 薫(中部大)
4 国の天然記念物・ミヤコタナゴ新規発見集団の遺伝構造解析 信州大学 理学部 生物科学科 進化生物学講座・東城研究室 東城幸治(信州大)
5 ソングメーターを用いての福岡県小屋島におけるヒメクロウミツバメの繁殖調査 海鳥保全グループ 大槻都子
6 自動撮影カメラ映像の3次元モデリングによるニホンジカの密度推定手法の確立と調査プロトコルの作成 ニホンジカ密度推定法開発グループ 中島啓裕(日本大)
7 日本の干潟に生息する絶滅危惧うみにな類の生息地保全にむけての緊急調査および保全遺伝学的研究 日本の干潟のうみにな類を保全する会 小澤智生(サンカルロス大)
8 絶滅が危惧され,アリの巣に寄生するチョウ,日本産ゴマシジミの寄主アリ特異性の検証 チョウ・アリ生物間相互作用研究グループ 上田昇平(信州大)
9 沿岸開発が進行中の琉球列島におけるサンゴ礁防波堤形成生物とその機能の衰退リスク評価 琉球大学・沖縄工業高等専門学校合同サンゴ礁調査グループ 本郷宙軌(琉球大)
10 両生類の新興病原体ラナウイルスの国内分布とその由来に関する研究 麻布大学 宇根有美(麻布大)
11 南西諸島におけるヤシガニ資源の保護と保全に関する基礎研究 NPO法人 海の自然史研究所 藤田喜久
12 絶滅危惧種チュウヒの個体群増殖を意図した繁殖成績改善に関する研究 NPO法人チュウヒ保護プロジェクト 高橋佑亮(岩手大)
13 新たな生息地の探索に向けた絶滅危惧種イシガキニイニイの鳴音を活用した種判別方法の策定 八重山ニイニイゼミ研究グループ 立田晴記(琉球大)
14 八重山諸島固有チョウ類の「サンドイッチ型分布」を対象とした保全生態学的研究 進化保全生態学研究グループ 鈴木紀之(東北大)
15 生物多様性、景観保全の観点から、農村整備(圃場整備事業等)計画に対する地域住民の合意形成手法に関する研究 東京農業大学地域環境科学部造園科学科自然環境保全学研究室 町田怜子(東京農業大)
16 石灰岩地帯に隔離分布する絶滅危惧種チチブミネバリの保全に関する研究 奥秩父山地石灰岩植物研究グループ 平尾聡秀(東京大)
国内研究助成  16件

【国内活動助成】
テーマ グループ名 代表者名
1 辺野古・大浦湾海域の生物多様性の保全を目指す、生物多様性の解明と埋め立ての影響を測るための調査 日本自然保護協会 志村智子
2 南大東島におけるネコの適正飼育による野生動物の保護活動 NPO法人どうぶつたちの病院 沖縄 長嶺 隆
3 在来植物、コウライシバ、クロイワザサの植栽によるイリオモテヤマネコの交通事故防止 西表在来植物の植栽で地域振興を進める会 高相徳志郎(琉球大)
4 アライグマ・クサガメにより存続が危惧されるニホンイシガメ南房総個体群の保全活動 千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会 長谷川雅美(東邦大)
5 ネオニコチノイド農薬についての知識の普及と削減にむけた各地の取り組みの支援・情報収集 ネオニコ削減実践例集(2)作成 NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 水野玲子
6 御蔵島をノネコのいない島に戻す活動 公益財団法人 山階鳥類研究所 岡 奈理子
7 ミヤマシジミの保全技術の研究と信州の生物多様性保全の普及活動 ミヤマシジミ研究会 中村寛志(信州大)
8 市民生物学者らによる日本産アカウミガメの繁殖生態・保護・産卵地環境の総括 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会 松沢慶将
9 芦生天然林保全へ向けた中山間地域と大学の「知」の結びつきによる活動体制の形成 京都大学フィールド科学教育研究センター 徳地直子(京都大)
10 伊豆諸島青ヶ島・利島の植生シンポジウム開催と植生誌編纂 伊豆諸島植生研究グループ 上條隆志(筑波大)
11 世界遺産富士山のロードキル実態調査及び情報公開プロジェクト 富士山アウトドアミュージアム 舟津章子
国内活動助成   11件

【海外助成】
テーマ 申請者名 推薦者
1 インドネシア・カリマンタンで20年ぶりに再発見されたボルネオサイの分布と個体群の状態に関する研究 Yuyun Kurniawan(ムルワルマン大学ボルネオサイ研究グループ 大学院生) 鮫島弘光(京大東南アジア研究所)
2 ヒマラヤ山地の高山性小哺乳類に与える気候変動インパクトの評価:学際的アプローチ Sabuj Bhattacharyya(国立インド科学研究所生態科学センター 研究補助員) 川道武男(関西野生生物研究所)
3 グアテマラにおける環境教育教材としての昆虫ハンドブックの作成 吉本治一郎(グアテマラ・デル・バジェ大学 客員研究員) 西田隆義(滋賀県立大)
4 東北ネパール・タプレジュング地区におけるレッサーパンダAilurus fulgensの絶滅リスク、生息適地、ならびに分布の実態解明 Roshani Manandhar(トリブヴァン大学 教授) 小林幹夫(宇都宮大)
5 中国における遺存植物種の分布範囲に対する気候変動の潜在的影響 Tang Qin(雲南大学生態学・地植物学研究所 教授) 富田瑞樹(東京情報大)


海外助成      5件