お知らせ‎ > ‎

第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 採択案件決定

2017/09/28 19:39 に 板垣佳那子 が投稿   [ 2017/09/28 19:47 に更新しました ]
2017年9月25日の臨時理事会において,第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の採択案件が下記の通り,決定いたしました.
今回の応募件数は,136件,採択件数は36件となりました.たくさんのご応募,まことにありがとうございました.

国内研究助成
No テーマ グループ名 代表者名
1 諫早湾潮止め後20 年間の有明海底生動物群集変化の総括的研究 有明海保全生態学研究グループ(略称:有明海研究グループ) 東 幹夫
2 国内外来種ニホンテンに脅かされる北海道クロテンの生息現状把握と遺伝解析手法の確立 北海道クロテン保全手法検討チーム 木下豪太
3 サクラ類等樹木を加害する外来種クビアカツヤカミキリの被害実態調査 外来木質昆虫に関する調査グループ 山本優一
4 群馬県沼田市玉原湿原の保全対策による水環境と植生の復元に関する研究 玉原湿原保全プロジェクト 福嶋 司
5 風力発電施設の建設がチュウヒに与える影響に関する基礎研究 日本野鳥の会サロベツ湿原チュウヒ研究グループ 浦 達也
6 長野市ため池群に生息する絶滅危惧種シナイモツゴを守るためのモニタリングサイトの選別 ぽんすけ育成会 中野 繭
7 伊豆諸島八丈小島におけるノヤギ駆除後の島嶼生態系回復状況と復元に向けた基礎調査 伊豆諸島自然史研究会 樋口広芳
8 侵略的外来アリ類と在来アリ群集の競合機構の解明:⾷性解析からのアプローチ 外来アリ類研究グループ 上田昇平
9 絶滅危惧種コクガンの渡りルート解明 雁の里親友の会 澤 祐介
10 シカの増加がもたらす湿原生態系への直接・間接効果の把握と影響緩和のための方策の検討 水上シカ調査会 中島啓裕
11 希少コウモリの生態と保護:ヤンバルホオヒゲコウモリとリュウキュウテングコウモリの追跡調査 島コウモリ調査グループ PREBLE Jason Hideki
12 世界自然遺産候補地奄美群島の森林生態系に関する基礎的研究 鹿児島大学薩南諸島森林生態研究グループ 相場慎一郎
13 道東沿岸域において再定着しつつあるラッコの摂餌生態の解明 日米北太平洋ラッコ研究グループ 三谷曜子
14 風車立地選定に向けたオジロワシの渡り移動経路と生息地環境の解明を目的とした遠隔追跡調査 北海道鳥類保全研究会 白木彩子
15 大東諸島固有陸産貝類の保全へ向けた、外来種が与える影響の解明と飼育技術の確立 大東諸島陸産貝類保全グループ 平野尚浩
16 大台ヶ原の自然再生を目指すためのトウヒの水分生理状態の解明 大台ヶ原トウヒ林の自然再生研究グループ 木佐貫博光
17 特定外来生物ブラジルチドメグサの防除手法開発に向けた生活史特性の解明 福岡県保健環境研究所 環境生物課 金子洋平
国内活動助成
No テーマ グループ名 代表者名
1 島嶼における外来ネコ問題対策の支援と普及啓発 外来ネコ問題研究会(Invasive Cat Research Japan) 石井信夫
2 伊豆諸島植生誌-森林-の編纂 伊豆諸島植生研究グループ 上條隆志
3 ネコの適正飼養がやんばるの稀少野生動物を守る NPO法人どうぶつたちの病院沖縄 金城貴也
4 上関海域における希少鳥類及びプランクトン&稚魚調査と上関まるごと博物館における普及啓発活動 上関の自然を守る会 高島美登里
5 「こんぶくろ池自然博物公園」の全面開園に向けた整備と新ハンドブック作成 NPO法人こんぶくろ池自然の森 大貫遵子
6 山岳湿原の保全のための基礎調査と市民参加型保全活動への展開 沼の平保全活動グループ 三木昇
7 葛西海浜公園「三枚洲」 ラムサール条約湿地登録への普及啓発および情報収集 日本野鳥の会東京 飯田陳也
国内活動助成【地域NPO活動枠】
No テーマ グループ名 代表者名
1 徳之島の世界自然遺産登録とその後を見据えた緊急的ノネコ対策と普及啓発活動 NPO法人 徳之島虹の会 行山武久
2 琵琶湖で大発生した外来種植物プランクトンの生態調査 認定特定非営利活動法人 びわ湖トラスト 熊谷道夫
3 雲仙天草国立公園・田代原草原におけるミヤマキリシマ保全活動 特定非営利活動法人 奥雲仙の自然を守る会 羽澄美枝子
海外助成
No テーマ グループ名 代表者名
1 Geographical variation in vegetative growth, sexual reproduction and genetic diversity of the Pinus krempfii H. Lec. and Pinus dalatensis Ferré in Tay Nguyen plateau, Vietnam The Endemic Pine Conservation Group of Vietnam Tien Tran Van
2 Evaluation of effect of human activity on behavior of Macaca fascicularis in an ecotourism site in Indonesia Tropical Primate Conservation Group Kanthi Arum Widayati
出版助成
No テーマ 著者名 出版社名
1 奄美・琉球の鳥類学 水田 拓 株式会社 海游舎
特定テーマ助成: シカ問題解決に向けた実践的な活動ならびに研究
No テーマ グループ名 代表者名
1 芦生冷温帯天然林における集水域単位のシカ防護柵の生態系機能保全効果と実用性の検証 芦生生物相保全プロジェクト (ABC project) 福島慶太郎
2 日本のシカ-植生モニタリング調査(2009,2018)からみた地域の生物多様性保全研究 地域の自然と生物多様性保全研究グループ 前迫ゆり
3 長野県霧ヶ峰高原での防鹿柵設置による絶滅危惧動植物の保全・再生効果 霧ヶ峰高原研究会 小山明日香
4 複数の行政機関が収集したシカに関するデータの再解析と結果統合による保全対策の新提案 エゾシカの植生への影響評価グループ 冨士田裕子
5 分布拡大初期にあるシカ個体群の低コストモニタリング手法の開発 東北野生動物管理研究交流会 江成広斗
6 地域・行政・研究者の双方向通信システムを活用したシカ害対策技術の高度化 奥三河地域シカ害対策協議会 石田 朗

以上,国内研究助成17件,国内活動助成7件,国内活動助成【地域NPO活動枠】3件,海外助成2件,出版助成1件,特定テーマ助成6件,合計36件が採択されました.
Comments