公益財団法人自然保護助成基金は国内外の自然環境保護のための助成事業を行っています
“pro natura” とは,英語の “for nature” (自然のために)に相当するラテン語です.「自然のためになりたい」が当財団のモットーです.

当財団では,自然保護のための研究や活動に対して助成をするプロ・ナトゥーラ・ファンド助成,ナショナル・トラスト地購入のための助成をするナショナル・トラスト活動助成,各種自然保護プログラムを支援する提携助成などを行っております.
自然保護上,とくに緊急性の高いプロジェクトに関しては,募集期間に定めのない緊急助成として対応しております.
随時,自然保護,環境保全に関する相談に応じております.財団事務局までお問い合わせください.

他団体主催の行事等は,blogにてお知らせしております.そちらもご覧下さい.
  

最新のお知らせ

  • Pro Natura ニュース No.27の発行 Pro Naturaニュースの27号を発行いたしました。こちらは、2017年11月25日(土)に開催される自然保護助成基金助成成果発表会の発表要旨集にもなっております。どうぞご覧ください。
    投稿: 2017/11/16 22:25、板垣佳那子
  • 第23回成果発表会のお知らせ 2017年11月までに終了したプロジェクトの成果発表会を、以下の通り開催いたします。申込不要、参加費無料ですので、助成を受けていない方でも自然保護に関心のある方はぜひお越しください。日時: 2017年11月25日(土)10:00-18:00(開場 9:30)場所: アーバンネット神田カンファレンス(JR神田駅西口徒歩1分)    口頭発表・ショートサマリー 2A会場,ポスター発表・懇親会 3B+3C会場プログラム ※発表順、発表時間は変更する場合がございます。10:00 ...
    投稿: 2017/11/13 22:22、板垣佳那子
  • 第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 採択案件決定 2017年9月25日の臨時理事会において,第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の採択案件が下記の通り,決定いたしました.今回の応募件数は,136件,採択件数は36件となりました.たくさんのご応募,まことにありがとうございました. 国内研究助成 No テーマ グループ名 代表者名 1 諫早湾潮止め後20 年間の有明海底生動物群集変化の総括的研究 有明海保全生態学研究グループ(略称:有明海研究グループ) 東 幹夫 2 国内外来種ニホンテンに脅かされる北海道クロテンの生息現状把握と遺伝解析手法の確立 北海道クロテン保全手法検討チーム 木下豪太 3 サクラ類等樹木を加害する外来種クビアカツヤカミキリの被害実態調査 外来木質昆虫に関する調査グループ ...
    投稿: 2017/09/28 19:47、板垣佳那子
  • 環境市民活動 助成金セミナーに参加します! 9月2日(土)に開催される、一般財団法人助成セブン-イレブン記念財団主催の環境市民活動助成金セミナーにて、当財団の助成プログラムの説明をいたします。当財団の助成プログラムに関心のある方は、ぜひお越しください。※事前申し込みが必要となります。参加申込期限は、8月25日(金)となっておりますので、お早目にお申し込みください。【環境市民活動 助成金セミナー】○日 時: 9月2日(土)13:00~17:00○会 場: TKP市ヶ谷カンファレンスセンター9階 バンケットホール9A ...
    投稿: 2017/08/22 19:29、板垣佳那子
  • 第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 募集開始 ※受け付けは終了いたしました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の応募受付を開始しました.今年度も,国内研究助成・国内活動助成・海外助成・出版助成・特定テーマ助成の5カテゴリーで申請を受け付けております.今年度は,募集内容について,以下の点が追加・変更されました.・国内活動助成の中に,地域に根ざした自然保護活動を3年以上継続して行っているNPO法人を対象にした「地域NPO活動枠」を設けました.・海外助成は,日本人メンバーを含むグループでの応募のみ,受け付けます.・特定テーマ助成の今期のテーマは,「シカ問題の解決に向けた実践的な活動ならびに研究」 ...
    投稿: 2017/07/17 20:42、板垣佳那子
1 - 5 / 64 件の投稿を表示中 もっと見る »