公益財団法人自然保護助成基金は国内外の自然環境保護のための助成事業を行っています
“pro natura” とは,英語の “for nature” (自然のために)に相当するラテン語です.「自然のためになりたい」が当財団のモットーです.

当財団では,国内外の自然環境を保全するための研究や,市民活動に対して助成事業を行っております.
随時,自然保護,環境保全に関する相談に応じております.財団事務局までお問い合わせください.

他団体主催の行事等は,blogおよびFacebookにてお知らせしております.そちらもご覧下さい.
  

最新のお知らせ

  • 第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 採択プロジェクト決定 2019年9月24日の臨時理事会において、第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の採択案件が下記の通り決定いたしました。今期の応募件数は112件、採択件数は24件でした。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。 国内研究助成(採択件数 11件/応募件数 63件, 採択率 17%) グループ名 代表者名 テーマ 鹿児島大学薩南諸島森林生態研究グループ 川西基博 世界自然遺産候補地奄美群島の森林生態系に関する基礎的研究 浅間山カモシカ研究会 南 正人 シカ捕獲用くくり罠による錯誤捕獲がカモシカに与える影響 ヌートリア食性研究グループ 石塚 譲 特定外来生物ヌートリアによる貝捕食の実態および発生メカニズムの解明 九州北部外来アリ研究グループ ...
    投稿: 2019/09/30 19:33、板垣佳那子
  • 第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成募集案内 ※募集は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。本日より,第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の募集を開始しました.今年度は,国内研究助成・国内活動助成・海外助成・特定テーマ助成の4カテゴリーで申請を受け付けます.出版助成は,今年は募集を行いません.今年度より,国内研究助成は最大2年間助成可能となりました.(ただし2年プロジェクトでも上限金額は100万円です)また,国内活動助成【地域NPO活動枠】は,助成金額を50万円から100万円に引き上げました.今年度の特定テーマは,「『きたマップ』(北海道の環境保全活動のデータベース)を活用した北海道の自然保護に関する調査・研究および活動 ...
    投稿: 2019/07/17 20:27、板垣佳那子
  • 第15期ナショナル・トラスト活動助成 募集開始 ナショナル・トラスト活動助成は,美しい自然を後世に残すための土地の購入代金や保全活動の資金などに助成するプログラムです。公益社団法人日本ナショナル・トラスト協会との共同事業として行っています。今年度も募集を開始いたしました。締切は8月23日(金)です。詳細は、日本ナショナル・トラスト協会のWebサイトをご覧ください。募集要項および申請書類もそちらからダウンロードいただけます。たくさんのご応募をお待ちしております。
    投稿: 2019/04/15 1:19、渡邉真菜美
  • 成果報告書-自然保護助成基金設立25周年特別記念号-の発行のお知らせ 財団設立25周年を記念して,自然保護助成基金助成成果報告書の特別編集版を発行いたしました.本報告書には,第27期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成の特定テーマ助成「島の自然環境についての基礎調査」の成果報告書が収められています。ぜひご覧ください。個別の報告書は、下記よりダウンロードいただけます。(第27期成果報告書と同じページ内の下方にあります)http://www.pronaturajapan.com/archive/pnresults/pnf27list
    投稿: 2019/04/04 20:08、板垣佳那子
  • 第4期協力型助成 助成案件決定 審査委員会による厳正な審査と,当財団理事会での審議によって,以下のプロジェクトへの助成が決定いたしました.今回の応募件数は,国際NGO助成0件,学協会助成2件,国際的プログラムに関する助成3件の,計5件でした.学協会助成 団体名代表者名  テーマ 助成金額(万円)日本鱗翅学会自然保護委員会矢後勝也最絶滅危惧チョウ類の保全と農林業・地域住民との共存共栄をめざして(2年間) 183日本緑化工学会 生態・環境緑化研究部会中島敦司地域連携による資源活用と保全の試み・阿蘇小規模崩壊地復元プロジェクト 100国際的プログラムに関する助成 団体名代表者名 ...
    投稿: 2019/03/14 18:27、渡邉真菜美
1 - 5 / 78 件の投稿を表示中 もっと見る »